MASAYO.ヴォイトレ・マスター®プログラム(MVP)公式ブログ

Read Article

ヴォイトレ・マスター® International Voice&Vocal Studio 

【声帯】声帯の動き、声帯原音のメカニズム

こんにちわ。
ヴォイトレ・マスター® MASAYO.です。
本日は、「声帯のメカニズム」についてです。

※声帯位置の説明は、こちら
声帯は、気管の入口にあり、左右の壁から張り出した2枚の筋肉のヒダで出来ています。

【声帯基礎】声帯って、どこにあるの? | MASAYO.ヴォイトレ・マスター®プログラム(MVP)公式ブログ
http://voicevocal.com/masayoblog/vocalcords1/

声帯の動き

呼吸時は、声帯が開き空気を通します。
発声時は、声帯が閉鎖して、呼気(吐き出す息)が声帯にぶつかり振動することによって、音が生まれます。

vocalcords5

声帯で出来上がる「原音」

声帯の振動で発生した音は、ブザー音のような音で、【原音】と呼びます。
【声帯原音】です。

声帯の長さ、太さが、変化をすることによって振動数が変わっていきます。
1秒間に440回振動すると、【ラ】の音が出ます。
声帯の振動数によって、音程が変わっていきます。

まとめ

声帯は、伸びたり縮んだりすることによって、声帯の振動数を変化させて、音程を作りだしています。

【声帯の仕組み、声帯振動数と音程の関係性】も、参考になさってみてください。

声帯の仕組み、声帯振動数と音程の関係性 | MASAYO.ヴォイトレ・マスター®プログラム(MVP)
http://voicevocal.com/masayoblog/vocalcords3/

Return Top